Roguelike (ローグライクゲーム)

[<< 用語集に戻る]
カテゴリー: ジャンル

概要

「ローグ」と同様の特徴を持つゲーム (「NetHack」「変愚蛮怒」などのバリアント) の総称として扱われた。ダンジョンの自動生成、死んだらすべてを失う、戦略性のあるリソース管理、などの特徴を持つ。

単なるバリアントであるローグライクよりも、特徴が先鋭化したゲームメカニクスとの区別のために「ローグライト」「ローグライクライク」という名称が作られるようになった。

日本でのローグライクの影響

日本では、「トルネコの大冒険」や「風来のシレン」が、ローグライクの特徴的な部分を抽出して再構築されたゲームとして有名だったため、長らくローグライクと言えば、これらのゲームを指すことが多かった(現在もこの傾向は続いている)。

「不思議のダンジョンライク」「トルネコライク」「シレンライク」

「トルネコの大冒険」や「風来のシレン」のようなゲームは、ローグライクとは大きくゲーム性が変化しているため、従来の「ローグライク」と明確に区別するため、「不思議のダンジョンライク」「トルネコライク」「シレンライク」と呼ばれることもある

ローグライクの特徴

ローグライクには以下の大きな特徴がある

派生ジャンル

最近のトレンドとして、ローグライクの特徴の一部を切り出して新しいジャンルが生まれる流れがある。

関連記事

ローグライクの定義まとめローグライクの定義まとめ ローグライクでPermaDeathをクソゲーにしない方法ローグライクでPermaDeathをクソゲーにしない方法[<< 用語集に戻る]