Deck-building game (デッキ構築型ゲーム)

[<< 用語集に戻る]
カテゴリー: ジャンル

概要

デッキ構築型ゲームとは、ゲーム開始時に配られた小さくて弱いデッキを強化していくことで、ゲームを有利に進めていくカードゲームである。

もともと「ドミニオン」などアナログゲームで確立されたゲームメカニクスであるが、ここではデジタルゲームにおけるデッキ構築型ゲームについて記述する。

デジタルゲームにおけるデッキ構築型ゲーム

Slay the Spire が生まれるまでの経緯

デジタルゲームにおけるデッキ構築型ゲームの始まりは、Slay the Spire とされている。

Slay the Spire (出典: Steam)

開発者へのインタビュー記事によると、 Roguelike (ローグライクゲーム) である 「スペランキー」や「FTL」や「Binding of Issac」そして「Dream Quest」などの影響を受け、Turn-based (ターン制) のコマンドバトルRPG風を導入したとのこと。

Anthony氏は、影響を受けた具体的なタイトルについて「デッキビルディングでは『アセンション』、『ドミニオン』。ローグライクでは、『スペランキー』『FTL』『Binding of Issac』。またこの2つのジャンルの融合としては『Dream Quest』」と挙げている。

傑作インディーゲーム『Slay the Spire』開発者に訊く。影響を受けた具体的なタイトルについて

 「プレイの度にゼロから始めるローグライクは、同じくプレイ毎にデッキをゼロから構築していくデッキビルディングとの親和性が高いんです。プレイ毎に体験が異なるこの2つの要素により、ゲーム体験はより多様なものになります。他のジャンルでは、ここまでの多様性が自然に発生することはないでしょう。先に述べたタイトルの中では唯一、『Dream Quest』がその要素を持っていたわけです」

傑作インディーゲーム『Slay the Spire』開発者に訊く。なぜこの2つのジャンルを素材としたのか

参考

[<< 用語集に戻る]