Kindle Unlimitedで読めるゲーム開発に役立つ本

今回は電子書籍が読み放題になるサービス Kindle Unlimited で読めるゲーム開発に役立つ本についてまとめてみました。

Kindle Unlimited は定期的に割引キャンペーンを行います

Kindle Unlimited は定期的に割引キャンペーンを行っているので、その期間だけ契約するのがおすすめです。

なお、ここで紹介した Kindle本は基本的に Kindle Cloud Reader では読めない本がほとんどなので、Kindle アプリ をインストールする必要があります。

目次

ゲーム開発初心者向け

0から副業でゲームアプリの個人開発をやってみたい初心者が、プログラミング言語の学習を始める前に読むべき超入門書

【IT未経験者向け】0から副業でゲームアプリの個人開発をやってみたい初心者が、プログラミング言語の学習を始める前に読むべき超入門書: お金を稼ぐ前に知っておきたい現実と行動の指針を徹底解説!
created by Rinker

こちらはゲームを作ったことがない、ゲームプログラムをしたことがない、ゲームで稼ぐにはどうすればよいのか、といった初歩的な疑問に対する答えがまとまっている本です。

「500円の価値がない」かというとそうでもないのですが、レビューにもある通り、確かにネットで調べればわかる情報が多いです。ただ Kindle Unlimited に入ればであれば実質無料で読めますし、ネットで調べる手間を削減できるので、ゲーム開発初心者には良い本ではないかと思いました。

ゲーム開発を勉強するにあたって必要な情報がまとまっており、おすすめのツールや本が紹介されているので、「ゲームを作りたいけれど何をすればわからない」という人にオススメです。

これからゲームアプリを 作ろうと思っている人へ 伝えたいこと: 「ただなんとなく・・・」ゲームアプリ制作に興味を持った方へ

これからゲームアプリを 作ろうと思っている人へ 伝えたいこと: 「ただなんとなく・・・」ゲームアプリ制作に興味を持った方へ
created by Rinker

過去に100本以上のゲームを作り、最高月収120万円を達成した著者によるゲーム開発初心者にむけた本となります。

この本では、GameSalad というプログラムコードなしで作れる開発環境を紹介しており、初心者でも入りやすくゲーム開発のきっかけとして良い本だと思いました。

なお「本当に月収100万円もあるのかな…?」と疑問に思って作者さんのアプリを調べてみたのですが、こちらのアプリの開発者のようで、10万〜100万DLを達成しており、たしかにこれだけダウンロードされていれば、それだけの収入がありそう…と思いました。

ゲームプログラム

ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング

ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング (Future Coders(NextPublishing))
created by Rinker

Pythonの基礎をゲームを作りながら学べる本です。Pythonは文法がわかりやすく覚えやすいので、プログラム初心者にオススメの言語なのですが、メインとして使わなくても開発を補助するツールとしても使える(データコンバートの自動化など)ので、UnityやUnreal Engineなど他の開発環境を使用していても覚えておいた方が良いと思っています。

この本の前半では Python の文法とプログラムの基礎を学び、後半で実際にパズルやシューティングゲームを作りながらゲームづくりの基礎を学べる本となっています。

出典:ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング

ただ注意点として、Pygame を使っており、macOS環境だと環境構築がやや難しいです。Windows環境を使用していれば問題なく構築できると思います。

Unityの寺子屋 定番スマホゲーム開発入門

Unityの寺子屋 定番スマホゲーム開発入門
created by Rinker

Unityを使っているなら役に立つ本だと思います。

全くの初心者にはやや少し難しいかもしれませんが、「放置ゲーム」「クッキークリッカー」「サイドビューアクション」の作り方を解説した本です。

出典:Unityの寺子屋 定番スマホゲーム開発入門

特に「放置系ゲーム」「クリッカー系ゲーム」はスマートフォン向けのゲームとして人気が高く収益性が高い(継続率が高い)ことで知られていますので、ゲームで生計を立てていきたいと考えている人には良い題材ではないかと思います。

プランニング(業界・チーム開発)

プランナー一年生のためのゲーム仕様書の書き方

プランナー一年生のためのゲーム仕様書の書き方
created by Rinker

ゲーム開発会社の「サクセス」のプランナー向けの社内教育用資料をまとめた本となります。

内容としては「ゲームの仕様書」の書き方で、プログラマーにゲームの仕様を共有するための資料をどうやって作成するかが書かれており、かなり実践的な本となっており、業界を目指している方は読んでおいて損はないと思います。

ゲームプランナーのチーム運営例: ~ゲーム性以前の問題を発生させないために~ ゲームプランナーの参考例シリーズ

ゲームプランナーのチーム運営例: ~ゲーム性以前の問題を発生させないために~ ゲームプランナーの参考例シリーズ
created by Rinker

ゲーム業界歴20年以上のキャリアを持つプランナーの方の本となります。

こちらはゲーム開発における「プロジェクトマネジメント」についての本で、炎上するプロジェクトのあるあるがよくまとまっていて、私もマネジメント経験があるので読んでいて胃が痛くなる本でした。

それだけリアリティがあり、マネジメントを任されたときにどういった立ち回りをするべきなのか、どういう準備をすればよいのかがまとまっていて、管理職に就きたい方にはおすすめの本だと思います。

この方は他にも「ゲームプランナーのドキュメント作成例<基本編> ゲームプランナーの参考例シリーズ」「ゲームプランナーのミーティング実践例 ゲームプランナーの参考例シリーズ」という本を書かれおり、どちらも実践的な内容でおすすめです。

ゲーム開発全般

ゲーム開発者の地図: 20年の個人開発から学んだこと

ゲーム開発者の地図: 20年の個人開発から学んだこと
created by Rinker

ゲーム開発を20年以上続けており、RPGを作るエディターとして人気の高い「WOLF RPGエディター」の開発者でもある SmokingWOLF さんのゲーム開発ノウハウをまとめた本です。

ゲーム開発者全員におすすめできる本ですが、特にRPGを作成している方にはRPG特有のパラメータ調整方法や魅力的なキャラクター作りの方法は参考になると思います。

自作ゲーライフ: 個人スマフォゲームアプリのマネタイズ本

自作ゲーライフ: 個人スマフォゲームアプリのマネタイズ本
created by Rinker

スマートフォン向けのゲームを作っている個人ゲーム開発者向けのマネタイズ(収益化する方法)について書かれた本です。

実際にゲーム開発で生活できており、収益率の高いアプリや人気のあるアプリを作られている方なので、説得力があります。

また、マネタイズやプロモーションだけでなく、ゲームを完成させるための方法や、開発の悩み解決法、はたまた食事について書かれているのが面白いです。

経験ゼロでも作れるフリーホラーゲーム。制作の流れ・ストーリーの構成・ギミックに必要な3要素。20分で読めるシリーズ

経験ゼロでも作れるフリーホラーゲーム。制作の流れ・ストーリーの構成・ギミックに必要な3要素。20分で読めるシリーズ
created by Rinker

最近はホラーっぽいゲームを作っているので参考になるかな…と思って読んでみたのですが、なかなかよい本でした。内容としては初歩的なストーリー作成や企画、謎解き、分岐やギミックについて、テンプレとなる分類がされており、ホラーゲームを作り慣れていなければ参考になるかと思います。

例えば、ホラーゲームのシチュエーションとしては、以下の3つが典型的なパターンとして提示されています。

  1. モンスターからの逃亡:未知の化け物や猛獣、人間の業より生まれた怪物、快楽殺人者から逃げる
  2. 環境からの脱出:沈みかけている船、毒ガスが満ちていく閉鎖空間、命がけのゲームからの脱出
  3. 過去に触れる:過去の忌まわしい出来事の真相を知ってしまい主人公に危機が迫る

またそれぞれのパターンについての作成のコツが書かれており、参考になります。他にもギミックの作り方の注意点など、たしかにそれに注意しないと良くない作りになるなぁ……と勉強になりました。

個人的には最後の「ホラーゲームでやってはいけないこと」が参考になりました。

  • “予兆”以外のびっくり系イベントは多用しない:びっくり系イベントを多用すると飽きられる
  • 宗教を否定しない:否定的な主張があると炎上の可能性がある
  • 死は控えめに:死亡エンドが多いと怖さがなくなる。BAD ENDが多いと難しいゲームになる

ハイパーカジュアルゲーム入門: アプリリリースまでの考え方

ハイパーカジュアルゲーム入門: アプリリリースまでの考え方 (未来書店)
created by Rinker

ハイパーカジュアルゲームの基本について書かれた本です。ざっくりとハイパーカジュアルゲームについて知りたい、という方には参考になると思います。

ゲーム制作 現場の新戦略 企画と運営のノウハウ

前半部分は、ゲームの企画書を作る上で基本となる構成要素、企画が成立するまでのプロセス、オンラインゲームの運営方法などについて書かれています。

前半部分はどちらかと言えば、ゲーム業界に入りたい人向けの内容であると感じました。

そして、後半部分は実際にリリースされたゲームの企画がどうやって通ったのか、制作の過程はどのようなものだったか、どうやって売り出して運用したのか、といったことが書かれています。
取り上げられたタイトルは「ファンタシースターオンライン2」「ダービースタリオンマスターズ」「魔界戦記ディスガイア5」「CIRCLE of SAVIORS」「ソードアート・オンライン メモリー・デフラグ」「ダンガンロンパシリーズ」「Strange Telephone」「GUILTY GEAR Xrd REV 2」といった有名どころのタイトルばかりで読み応えがあったです。

個人的には、斜陽となっているアドベンチャーというジャンルを新しい切り口で売り出した「ダンガンロンパ」、「Strange Telephone」の制作過程についての記事は興味深かったです。

このプレゼンテーションが転機になりました。企画書を何度も作り直したとしても、アドベンチャーゲームというジャンルでは通らない。そう判断し、新しいジャンルを考えることからリスタートしました。話し合いを進める中で閃いたのが、アクション要素を入れること。そこで思いついたのが “ハイスピード推理アクション” という言葉です。そこからは、アドベンチャーゲームではなく、ハイスピード推理アクションと言い切るにはどうすればよいのかを考えながら、ゲーム内容を詰めていきました

ダンガンロンパ:アドベンチャーではなくハイスピード推理アクション

グラフィックがいまいちだと、ダウンロード数が伸びないですね。特に日本のユーザーの場合は顕著です。ゲーム内容がよいからといってグラフィックスをおろそかにしてしまうと、ダウンロード数が落ちてしまう今ヒットしているゲームを見ると、グラフィックスに、オリジナリティやクオリティが高いものが多いですね。特にゲームアプリのアイコンには気をつけないといけないと思っています。ほかにはないような独特のアイコンのデザインだと、端末に入れておくだけでもよいというファンもいます。ほかと差別化できるようなデザインのアイコンの付いたアプリは強いです。

Strange Telephone:ゲームにおけるグラフィックスの重要性

当たり前ですが、グラフィックで手を抜いてはダメですね。ストアでのスクリーンショットが、他のゲームよりも見劣りしてしまうとなかなか興味を持ってもらえないのではないかと思います。

開発者インタビュー

石井ぜんじ「ゲームクリエイター」インタビュー集 ゲームに人生を捧げた男たち

元カプコンの「岡本吉起」さん、元SNKの「足立靖」さん、ハムスターの「濱田愉」さん、Game in えびせんの「えび店長」さん、レイジングループの「amphibian」さん、千里の棋譜の「宮下英尚」さん、AIのスペシャリスト「三宅陽一郎」さん、プロ棋士でありコンピュータ将棋に詳しい「西尾明」さんのインタビュー本となります。

これらの方々に興味があるかどうかにもよりますが、興味があればゲームの作り方や考え方が学べるよい本だと思います。

イラスト関連

プロ絵師の技を完全マスター キャラ塗り上達術 決定版

個人的に役に立った本です。キャラの塗り方のパターンがいくつかあって、私自身この本の塗り方を参考にしています。

ただこちらは定期的に見る資料となるので、私の場合はお金を払って購入しました。

絵の上達方法について、キャラクターイラストであれば、この本以外にもKindle Unlimited で読める本は多いので、これらをとりあえずダウンロードしてみて、好みのイラストなら模写してみる……という勉強法が良さそうです。

プロ絵師の技を完全マスター 魅せる背景 上達術 決定版

こちらは背景の塗りついての本となります。

月刊MdN 2014年 10月号(特集:イラスト表現の物理学 爆発+液体+炎+煙+魔法を描く)

参考になるデザインがたくさんある MdN のエフェクト特集です。

この号では、マンガやアニメ的なエフェクトのイラストの作りかたの特集があり、参考になります。この特集だけを目当てにすると高く感じますが、Kindle Unlimited なら読み放題で読めるので、そのあたりを気にせずに読めるのがとても良いです。

シナリオ

大どんでん返し創作法: 面白い物語を作るには ストーリーデザインの方法論

大どんでん返し創作法: 面白い物語を作るには ストーリーデザインの方法論 (PIKOZO文庫)
created by Rinker

物語の結末で読者をあっと驚かせる「どんでん返し」の 10パターンの方法と、その作り方を解説した本となります。

インパクトを与えるストーリー作りをしたい方には、その手法と物語構造を学べておすすめとなります。

ストーリー作家のネタ帳 イベント編1―キャラクターの王道プロット15種

ストーリー作家のネタ帳 イベント編1―キャラクターの王道プロット15種
created by Rinker

個人的にシナリオ作成の参考にしまくっている「ストーリー作家のネタ帳」シリーズ。

出典:ストーリー作家のネタ帳 イベント編1―キャラクターの王道プロット15種

これは「メリットがないのに優しくする」という王道ストーリーの典型的なパターンを図にしたものです。このようなパターンや図がいくつか提示されており、ストーリーを作成する手助けになります。これを元に話を作るのは良くない(テンプレになりすぎてつまらない話になる)ですが、自分の作りたいストーリーがどれに分類されていて、何が足りないのかをチェックするのにはすごい役に立ちます。

他にもシナリオのパターンを分類されている方は多いですが、個人的にはこのシリーズが一番ではないかと思っています。

資料

二次元世界に強くなる 現代オタクの基礎知識

「アカシックレコード」や「ワルプルギスの夜」、「永久機関」や「タイムリープ」などオタク心をくすぐるキーワードについての資料となっており、ゲームアイデアやシナリオ作成に役立つ本ではないかと思います。

ただ説明は浅く広く、といった感じなので、あくまで用語集といった使い方でより詳しく調べる場合は Wikipedia などを参考にしたほうが良さそうです。