GameMakerStudioで日本語フォントを表示する方法

投稿者: | 2013年9月24日

ここではGameMakerStudioでの日本語の表示方法を説明します。

■更新履歴

  • 2013.11.8 : ひらがな一覧のテキスト追加
  • 2013.11.8 : オススメのフリーフォントを追加

■まず日本語を表示をしてみる

01

描画用のオブジェクトを作成し、DrawイベントでDrawTextします。


F5で実行。

02

しかし何も表示されません。

日本語を表示するためには、あらかじめフォント画像を作成しておく必要があります。

■フォント画像作成方法

フォント画像を作成するには、Fontsフォルダを右クリック「Create Font」を選択します。

03

そうするとFontプロパティが表示されるので、「Font」に日本語が表示できるフォント(例えばMSゴシック・メイリオなど)を指定します。そして下中央にある「+」をクリックします。


04

「FontRange」の設定が表示されるので、そこに先ほど入力した日本語(ここでは「日本語表示テスト」という文字列)を直接入力して、「OK」ボタンを押します。


05

すると指定した文字列の文字コードが登録されるので、OKボタンで設定を保存します。


06

そしてアクションに「Set Font」アイコンを設定し、「Font」に「font0」を指定し「OK」ボタンを押します。


F5で実行します。

07

やりました! 日本語が正しく表示されるのを確認できました。

■おまけ

▼スクリプトからの自動抽出を利用する

08

このようにGMLに直接記述した日本語は自動抽出する機能があります。


Fontプロパティの「+」ボタンから「Font Range」ダイアログを呼び出します。

09

「From Code」ボタンを押すと、自動で文字列を抽出してくれます。「OK」で設定を保存します。


そしてF5で実行すると、

10

無事表示されました。

▼外部ファイルから抽出する方法

さらに外部のテキストから文字を抽出する(読み込む)こともできます。

11

それなりのテキストエディタで、テキストを作成し以下の設定で保存します。

  • エンコードの種類:UTF-16 or UTF-8 (BOMをつけておけばUTF-8でも読み込めるようです)
  • BOMをつける

12

そして、「FontRange」の設定から「From File」ボタンを押して、先ほど作成したテキストファイルを読み込むと文字が抽出されます。

▼フォント画像の場所

プロジェクトがあるフォルダの直下に「fonts」フォルダがあり、そこに抽出したフォントの画像があるので、必要な分だけフォント用の画像としているようです。もし抽出が手間であれば、第一水準文字をまとめて登録しておくといいかもしれません。

○追記:第1水準漢字を含む文字の一覧を作成したので置いておきます。これを読みこませておけば大抵の文字は出ると思います。

○追記(2013.11.8):ひらがな文字の一覧を作成したので置いておきます。ひらがなまでをサポートしているフォント(FAMANIAなど)を使用する時、まとめて登録するためのテキストデータを作成しておきました

▼フリーフォントについて (2013.11.8追記)

個人的にオススメなフリーフォントのリンクをまとめておきました

名前 URL 説明 ライセンス 補足
FAMANIA http://chiphead.jp/ ファミコン風フォント 商用利用の場合はメールで事前連絡 英数字・記号・ひらがな
みかちゃんフォント http://www001.upp.so-net.ne.jp/mikachan/ かわいらしい手書きフォント 個人使用/商用使用にかかわらず特に制限事項はなし 第2水準漢字までサポート
たれフォント http://graphics.tailtame.com/archives/tare-font/ 脱力系フォント 放棄しません。但し、使用においていかなる責任もとりません

○2014年用、漢字も揃っている日本語のフリーフォントのまとめ -商用サイトだけでなく同人誌などでの利用も明記

110ものフリーフォントが紹介されている素晴らしいまとめページ